上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.05.31
長期間更新をしていませんでしたが、とりあえず生きてます。
開発技術については、大学で色々学んでいるのと、そこそこ開発しているので、向上していると思います。
最近は、ブログで公開可能な(身バレしないような)作品を開発していないので、特に進捗は無いです。

ドラゴンゲームについては、凝ったストーリーを入れたり、コンセプトが二転三転したり、
コライダーの問題でプログラムを大幅変更したりした為、凍結しました。
(再開するつもりは一応ありますが、時期は未定です。)
大規模な物を作ろうとすると、破綻して完成しなくなると言う事を身を持って思い知らされました。

趣味で、近所の城を3DCGで作成しているおじいさんに頼まれて、Unityでウォークスルーを作ったり、
おじいさんの件で知り合った、他学科の教授に、タンパク質ビュワーをUnityで実装するように頼まれたり、
春休みに、アドベンチャー寄りなシリアスゲームを作っていたり、
最近は、DirectX製2Dゲームエンジンを学習する大学講義(1年時から聴講済み)に合わせて、
先生も引くような、コンポーネント指向のガチゲームエンジン開発をしていたり・・・。

リアルではそこそこ開発しています。
時期を見て、見せられる状況になったら、投稿するかもしれません。
スポンサーサイト
大学1年を通し、感想を書きたいと思うので、広告避けも兼ねて、久々に更新します。
僕の通っている大学は程度が低いので、勉強があまり出来ない僕でも、なんとか単位を落とさずに済みました。

しかし、この一年間であまり成長を感じず、下らない講義と、授業の制作に時間を費やしてしまい、
ネットでの活動が疎かになってしまいました。
その為、自分の理想への距離が、全然縮まっていないと痛感する1年でした。


現在も春休みを返上して、大学のゲーム製作授業の最後として、複数人でのゲーム制作を行っていますが、
到底面白い物ではなく、ゲームを作ったことがあるチームメンバーが少ない為、優れた物を産み出せる気配は全くしません。

チーム制作の企画段階では、大学のゲーム制作に相応しいテーマとして、シリアスゲームの企画提案もしたのですが、
メンバーの承諾は貰えませんでした。
一般的なアクションゲーム等を作ろうにも、これまで他の専門学校や大学に技術が及ばなかった為、
この大学でも勝負を仕掛けられる、斬新な(だけの下らない)ゲームを作れと先生が言い、
それが作られてきたという学校の文化(?)に押され、今に至りました。


結局、ゲーム製作は、学校の授業で習おうとか、学校のチーム制作で経験を積もうとか考えず、
学校とは関係無く、独学で自分の理想を追い掛け、技術向上を図る事が一番だと、改めて痛感しました。
(学校で教わるゲーム関係の授業は、本当に役に立たず、独学の方が遥かに技術が身に付きます。)


これからは、大学の授業や制作は程々に手を抜き、個人やネットでの制作活動に本気を掛ける予定です。
2014.04.27
お久し振りです。
前回の更新から大分時間が経ってしまいました。
最近は、大学生になり、忙しく課題に追われたり、プログラミングの勉強をしています。

大学は学力レベルは低いですが、ゲーム製作関係の講義もある所なので、
そこで基礎学力を養いつつ、ゲーム製作の勉強をしています。



大学1年次の前期は、Javaの派生スクリプト言語(?)を使用して、
グラフィカルにプログラミングを学びつつ、本格的なプログラムへの導入とする授業があるのですが、
この言語、使いづらい・・・。

まず、エディタに日本語コメントを打ち込んだら、文字化けしたり、
複数ファイルを管理する機能がタブしか無いので、いつものNotepad++に変更することにした。
しかし、コマンドプロンプトでexeを呼び出すことが上手く出来なかったので、
教授の研究室に行き、外部エディタから起動できるようにして頂きました。
(研究生さん、お忙しい中面倒なことを頼んでしまい、ごめんなさい・・・><)

そんなこんなで、外部エディターが使えるようになったのを良いことに、
この数週間は、派生スクリプト言語のグラフィカルなプログラムなんか脇に捨てて、
Javaのクラス構築、ファイル分割を先に学び、オブジェクト指向設計に整理していました。
Javaは、業界でも使われているメジャーな言語なので、Javaの文法を学ぶ方が効率がいい筈。

演習の授業中、教授から「ここまでやるなら、全部ベクトルで管理しないと単位を出さんっ!」
と言われました。冗談であると信じたい。

しかし、Java文法の勉強ばかりしていて、派生スクリプトの方の課題を疎かにしていた為に、
毎回課題に追われています。
先日も描画関数を使い、絵を描く課題があったのですが、
まず簡単なドローソフトを作ろうと、当日の朝3時くらいに起きてプログラムしていたら、
当然間に合わず、最終的に間に合わせのレポートを印刷していて遅刻しました。



また、一週間程前に、3年次のC++とDirectXを使用して、
2Dゲームエンジンを制作する講義のもぐり許可を取りました。

因みに、履修条件がC++の習得であるにも係わらず、C++をまだ覚えていません。
(さっきクラスの序盤くらいまでは、ざっと目を通したけど・・・。)
明日の授業ですので、粉砕されてきます。

・・・とりあえず、3000円もする教科書も購入してしまったので、引くに引けず、
何とか無茶をして、DirectXを学んできます。
もし上手く行けたのなら、次作品は DirectX で発表する可能性もあるかもしれません。



それから、ビジュアルシミュレーション研究の教授に少し質問をしたら、
研究室に連れて行かれ、本を貸して頂きました。
セガの「ゲームプログラマになる前に覚えておきたい技術」などです。
返却日は卒業までに返してくれれば良いそうです。
やばい・・・めっちゃ欲しかったやつ!

入学早々、Visual Studio Professionalをインストールさせられたり、
図書館でOSのインストールソフトを貸し出していたり、
Oculus Riftが研究室に転がっていたり、大学半端ないです・・・。



以上、近況報告でした。
2ヶ月更新が滞ってしまったので、とりあえず更新します。

とりあえず、大学に推薦で受かりました。
勿論、偏差値が高い学校では無いので、就職が心配ですが、
この分野では、あまり学歴が関係無いそうなので、
このまま行きたいと思います。

大学に受かったと言っても、入学後に講義に付いていけるように、
今後も高校の勉強を行うつもりです。

よって、来年の4月くらいまでは、これまで通り更新頻度を少なくします。
これからも宜しくお願いします。
前回の記事から、一月以上経過したので広告除けに更新します。

あれから勉強をするとは言ったものの、中々進んでいないです。
勉強は難しいと感じます。
数学ばかりやっています。

プログラムであれば、幾通りの組み方が出来るが、数学は大体一通りの解き方しか無く、
しかも、業と解けないような問題を出して来るので、そういうところが嫌いです。
生産的な問題解決方法では無いと思いました。

プログラムのように、作りたいものを作成する為に、生産的に問題を解決して行く過程で、
様々な知識を学ぶという形が好きなのだと思いました。

故に、お数学と言われてしまうのかもしれません。


・・・それにしても、一日12ページ進む予定が3ページしか進まないってどういうこと。
一時間で1ページしか進まないのは、応用問題だからだと思うが、
割り切って先に進めるべきなのかもしれない・・・。
プロフィール

Tさん

Author:Tさん
DirectX、Unity 等でゲームを製作しています。
C++、C#、Java、Ruby等を使えます。

プログラミングの嗜好としては、AIを組むのが好きです。

シリアスゲームのような社会に役立つゲームや、ゲームエンジンの可能性に興味を持っています。

様々な先端技術を取り入れたシリアスゲームを真剣に作りたい。



プロフィール詳細
構想
Twitter

検索フォーム
閲覧回数
Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。